FC2ブログ

category: 未分類  1/8

【速報!鬼嫁からのプレゼント】順番待ちリストに適当な名前を書き込んで、呼ばれて、立ち上がる勇気のいる事だが、相方の笑いをとる事ぐらいは出来る技かもしれない(笑)!| 鬼嫁は我が道をゆく No.53

先日のお昼過ぎ、フェイスブックのお友達が7〜8人(F氏やN氏など....)みんな揃いも揃って何故かお蕎麦の画像をアップしているのだ〜これを見た鬼嫁は、"あなた〜今日ランチ終わったら、お蕎麦食べにいきたい〜!"と言い出した〜蕎麦好きの私は、断る理由も無く私"わかった、近くのめん房つるつるならいいよ〜!"という流れで、めん房つるつるへGo!到着すると、満席で並んで待っているお客様が数組、鬼嫁は慌てて順番待ちリスト...

  •  0
  •  -

【速報!鬼嫁とのつきあい方】お互いの食い違いを 笑いと、ほんのチョットの努力で埋める事が出来れば、夫婦の絆がより深まるものと心すべし !| 鬼嫁は我が道をゆく No.52

私は焼肉が大好きなのだ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ疲れている時は、必ずニンニクたっぷりの焼肉が食べたくなり、鬼嫁に注文するのだが、拒否されるたまにOKが出ても、なぜかキッチンで焼いた焼肉が出てくる(|||ʘΣʘ|||)私"私はココ(ダイニングテーブル)で焼きながら食べたいんだ〜"とお願いしても、鬼嫁"ゴメンなさいね〜テーブルが油まみれになるのが嫌なの〜これほんのキムチで〜す!"(。◠‿◠。✿)と言って毎回キムチを出してくる(笑)そし...

  •  0
  •  -

【速報!鬼嫁ケーキの作り方】バットは振り切らないとホームランは生まれない!| 鬼嫁は我が道をゆく No.51

先日、当店の隣にあるポルティーズで8月誕生日の2人をお祝いする会が開かれた〜お一人は、そば蔵"谷川"さんのオーナー谷川さんもう一人はエステ&マッサージ思恩(しおん)のオーナー近本さんである。そして、鬼嫁はこの会の主役2人に送るバースデーケーキを作る事になっているのである前日からソワソワし始め、私に意見を求めてきたのだ〜鬼嫁 ”あなた〜どんなケーキ作ったらお2人に喜んでもらえるかな〜?私はそば屋の谷川さん...

  •  0
  •  -

【速報!かわいい鬼嫁】身なりでデパートの店員の対応が違うらしいが、そんな事よりも快適なショッピングには疲れない履物を優先させるべきである!| 鬼嫁は我が道をゆく No.50速報!

私と鬼嫁は先週3日間、お盆営業の代休をとり大阪旅行に出かけたのだ〜旅行先での移動は殆ど徒歩になるので、歩き易く疲れない靴を履いて行きなさいと言ってあるのにもかかわらず、鬼嫁はハイヒールを履いてきている(汗) Σ('◉⌓◉')案の定、旅行初日から鬼嫁"あなた〜足が痛くてもう歩けないわ〜"(|||ʘΣʘ|||)私"だから言ったじゃないか〜近くにある靴屋で長時間歩けそうなサンダルでも買いなさい〜"そしてサンダルを買い、気を取...

  •  0
  •  -

【速報!鬼嫁、表情の変化】夫婦間においても、オーバージェスチャーな感情表現をたまに施す事が 生活にスパイスを与える事になると心すべし!| 鬼嫁は我が道をゆく No.49

みなさんは車で路地から渋滞している本線に出る時どうされるのでしょうか?私は交通量が減るまで焦らず待つのだが、鬼嫁はなぜかすぐ割り込ませてもらえるのであるლ(ʘ▽ʘ)ლなぜだろう〜不思議に思い、鬼嫁を何度も何度も観察し続けた結果、幾つかのポイントがあったのだ。そこで鬼嫁が実践している割り込み技を公開しよう〜(^O^)/①オーバージェスチャー気味に右手をチョイと上げ、頭を下げる(相手に気づいてもらう)②顔は親父になっ...

  •  0
  •  -

【速報!鬼嫁へ、テレビありがとう】長い夫婦生活、お互いの気持ちだけでなく、懐具合を思いやる事も大事であると心すべし!| 鬼嫁は我が道をゆく No.48

約9年前の事である、職場と住居が同じで息が詰まっていた鬼嫁と私は気分転換のため、勢いで家を飛び出した。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪手持ちのお金でマンションに入ったのだが、部屋には何もない。ლ(ʘ▽ʘ)ლその時、新生活にかかる私の出費を気遣い 鬼嫁が32型アナログTVを買ってくれた。私はそれがとても嬉しく、このTVは壊れるまで使うと心の中で決めていた。そして2013年7月のCATVのデジアナ変換が終わっても、頑なに使い続けていた。(笑)しかし...

  •  0
  •  -

【速報!鬼嫁との生活は、きっとうまくゆく】長い夫婦生活、山あり谷ありだが、時には言葉だけでなく態度で状況を打破する事も必要であると心すべし!| 鬼嫁は我が道をゆく No.47

先日鬼嫁と久々に大喧嘩してしまった。(|||ʘΣʘ|||)そのキッカケは、肉に「お」をつけるか、つけないかのくだらない討論からだった。今考えるとどうでもよい事で、バカバカしいのだが〜ლ(ʘ▽ʘ)ლもちろん 翌日の朝も会話がなく、白々しい空気が流れていた。私は反省し、この状況を打破するために二次会のお客様が忘れていった"ひょっとこのお面"をかぶってコーヒーを飲む鬼嫁の前に現れてみた。"ぶっ、ぶっ〜〜"作戦成功!鬼嫁は...

  •  0
  •  -